BLOGブログ

愛知の塗装会社・筒井工業株式会社のブログをご覧ください

愛知の塗装会社・筒井工業株式会社は高品質な仕上がりを提供

愛知で塗装業者をお探しでしたら、時代やお客様のニーズに合わせた提案ができる筒井工業株式会社まで気兼ねなくご連絡ください。 愛知にある塗装会社・筒井工業株式会社では、ブログを開設しており、社内の様子等を定期的に掲載していますので、ご利用いただく参考にしていただけます。ぜひ一度筒井工業株式会社のブログをご覧ください。

  • EGジョイント付き鉄筋へのエポキシ塗装実績

    EGジョイント付き鉄筋へのエポキシ樹脂塗装

    2019/03/27
    愛知のエポキシ樹脂塗装鉄筋メーカー、筒井工業(株)ではEGジョイント付き鉄筋に土木学会基準に準拠したエポキシ樹脂塗装をすることができます。ジョイントのねじ部はマスキングすることで塗料の付着を防止し、施工現場でのスムーズな作業性を確保しております。詳細は以下『TPCエポキシ鉄筋』のページを参照ください。 TPCエポキシ鉄筋(エポキシ樹脂塗装鉄筋)
  • FDグリップへのエポキシ樹脂塗装が可能です

    2019/03/25
    筒井工業(株)は愛知のエポキシ樹脂塗装鉄筋のメーカーです。 当社では定尺鉄筋だけでなく、FDグリップ付き鉄筋のエポキシ樹脂塗装も可能で、土木学会指針も満足する品質を満足しております。 またFD付き鉄筋は短尺(0.5~2m)であることも多いのですが、そうした短尺FD付き鉄筋にもエポキシ樹脂塗装が可能です。 さらに、エポキシ塗膜の表面を凹凸にすることでコンクリートとの付着力を無塗装鉄筋と同等程度...
  • せん断補強鉄筋にもエポキシ樹脂塗装が可能です

    2019/03/21
    愛知のエポキシ樹脂塗装鉄筋メーカー、筒井工業(株)ではヘッドバーのようなせん断補強鉄筋にもエポキシ樹脂塗装をすることが可能です。もちろん土木学会基準に準拠した品質となっております。ヘッドバーのエポキシ塗装では、両端にプレートが圧接されているタイプはもちろん、片側のみプレートタイプ(反対端はストレート)も塗装が可能です。片側のみプレートタイプは、反対端を曲げ加工したものも塗装が可能ですが、ストレ...
  • エポキシ樹脂塗装鉄筋のメーカー筒井工業(株)です。短尺鉄筋もエポキシ塗装します。

    2019/03/19
    エポキシ樹脂塗装鉄筋のメーカーの筒井工業(株)です。当社ではD10~D51の3.5m以上定尺へのエポキシ塗装はもちろんのこと、3.5m未満の短尺鉄筋の塗装も請け負っております。即ち長さが1m未満に短く切断された鉄筋なども塗装が可能となります。短尺鉄筋に土木学会基準に準じたエポキシ樹脂塗装を施したい場合はぜひご連絡ください。詳細は下記のページをご参照ください。 TPCエポキシ鉄筋
  • 粉体塗装の専業会社ですが、実は溶射もやっております

    2019/03/18
    粉体塗装の筒井工業(株)では、金属溶射も事業として行っております。 前処理はサンドブラストになります。2×2×12mもの長尺重量製品をサンドブラスト処理することができる設備を有しております。また、溶射設備としてはアーク溶射装置が主力になります。主に亜鉛やアルミニウムなどをスチールに溶射することで、耐食性を飛躍的に向上させます。 もちろん溶射のあとの塗装も可能です。亜鉛やアルミ溶射した後に塗装す...
  • 木目を粉体塗装で実現しております

    2019/03/14
    愛知の粉体塗装、筒井工業株式会社では、擬木塗装を行っております。商品名は『木調粉体塗装』と言います。木の質感を粉体塗料だけで表現することに成功し、これまで様々な実績を有しております。粉体塗料だけで木目を実現しておりますので、屋外でも数十年の耐久性を有しております。また、弊社の塩害地向け仕様と組み合わせることも可能です。塩害地で耐久性のある木目塗装が必要になった場合は最適です。『木調粉体塗装』は...
  • CO2削減に粉体塗装を

    2019/03/13
    愛知の粉体塗装会社、筒井工業(株)は皆様に有益な情報をブログでご提供しております。 本日は塗装の二酸化炭素排出についてです。 地球温暖化対策として、2050年までに40~70%削減( 2010年比)が必要とされています。焼付け塗装においても、塗料製造や塗膜形成、廃棄物処分に多大なエネルギーを消費しており、その副産物として二酸化炭素を排出しております。特に溶剤形塗装では塗料中に含まれる有機溶剤は、その使用・...
  • 塗膜の耐久性

    2019/03/12
    愛知県の粉体塗装会社、筒井工業(株)は塗膜の耐久性を自ら検証し、お客様に適切な塗装仕様をご提案しております。 当社がお客様からお寄せいただくご質問の中で、悩ましいものがあります。それは『粉体塗装の耐用年数は?』、『どれくらいもつの?』といった耐久性に関する具体的なご質問です。一口に耐久性と言いましてもお客様のイメージしている『もっている』という状況は千差万別です。ここでは当社が考える『耐久性』...
  • スキー・スノボ大会開催!

    2019/03/11
    3/9(土)にスキー・スノボ大会を開催し、12名が参加してスキー・スノボを楽しんできました。ダイナランドはなんとか雪もあり、幸い晴天にも恵まれ、皆無事に帰ってくることができました。、幹事のK主任、N君いろいろと段取りお疲れ様でした!
  • 前処理槽

    塗膜の剥離を防止するには

    2019/03/08
    愛知の粉体塗装会社、筒井工業ではお客様に有益な情報を発信しております。今回は、塗膜の剥離を防止する方法についてお伝えします。 詳細は以下のURLに譲りますが、 塗装について~剥離の防止~ 塗膜剥離を防止するには、つまるところ『前処理』と『焼付け』です。前処理についてはもう少し申しますと『前処理の選定と管理』となります。弊社では前処理の種類や仕上がりと塗膜性能との相関性を実験により検証して...
  • 前処理

    塗膜が剥がれるということ

    2019/03/07
    愛知の粉体塗装会社である筒井工業では、当たり前のように剥がれない塗膜でお客さまの事業に貢献します。本日は、この『剥がれない』についてお伝えしたいと思います。 塗装はものづくりの最終工程になり、その品質は製品の付加価値に多大な影響を与えます。特に当社が扱うような屋外製品や防食を必要とする製品においては、塗膜が長期間にわたり剥がれずに付着し続けることはお客様にとって当たり前の要求になります。しか...
  • 合金層の赤変色

    厚板へのりん酸処理の留意点

    2019/03/06
    厚板へのりん酸処理仕上げにはいくつかの注意点がありますが、意外と知られていない事実があります。 それは、厚板へのりん酸処理品は屋外5~10年の暴露で、写真の赤錆のような赤茶色の変色をきたす可能性があるということです。以下にその原因を記します。 そもそもりん酸処理仕上げは以下の工程で製造されます ①鋼材を加工する ②溶融亜鉛めっき(どぶめっき)をする ③薬品によりりん酸処理をする この中...
  • 『パウダースパングル』

    りん酸処理風粉体塗装『パウダースパングル』の量産体制が整っています

    2019/03/05
    粉体塗装の筒井工業(株)では、りん酸処理風粉体塗装『パウダースパングル』を行っております。従来からあるりん酸処理は、母材はスチール限定(重い)、母材の板厚による色調のばらつきが大きい、また屋外施工後に降雨などにより白錆が発生するなど様々な課題を抱えておりました。そのためお客様とのコミュニケーション不足によるクレーム事例が多々発生しており、弊社にもそのご相談が多く寄せられております。 そこで鋭意...
  • ABAロゴマーク

    粉体塗装のパイオニア 筒井工業はABAの会員です

    2019/03/04
    愛知県の筒井工業(株)はアルミニウム合金材料工場塗装工業会に所属しております。当工業会はその頭文字をとって通称ABAと呼ばれております。発足して5年になりますが、アルミニウム合金材料に厳正なる管理のもと工場塗装を行う20社のコーター集団になります。弊社代表の前島は、当工業会の環境配慮推進担当理事をさせていただいております。当工業会では活発に勉強会や啓もう活動を実施しており、ホームページにもさまざ...

愛知で塗装業者を55年以上営んでいる筒井工業株式会社まで、一度ご相談ください。筒井工業株式会では、時代のニーズに応え続けられる粉体塗料を使用した様々な塗装や前処理を行っており、これまでご利用されたお客様からご好評いただいております。サービスも充実しており、リン酸塩処理にも対応しておりますので、溶融亜鉛メッキの部材に重厚な質感を出すことができます。 愛知にある塗装会社・筒井工業株式会社で特におすすめは、粉体塗料による塗装で、一般的な液状の塗料とは違い、粉末状の塗料ですので、シンナーを使うことがない環境に優しい塗装方法として知られています。また、普段の社内の様子をブログで紹介しておりますので、気軽に筒井工業株式会社の様子をご覧いただけます。実績と信頼豊富な筒井工業株式会社までご連絡ください。