BLOG

2020/08/17
りん酸処理風粉体塗装『パウダースパングル』の量産体制が整っています
  • 『パウダースパングル』

粉体塗装パイオニア筒井工業(株)では、りん酸処理風粉体塗装『パウダースパングル』を行っております。従来からあるりん酸処理は、高価なだけではなく多くの課題がありました。一部を挙げると母材はスチール限定(重い)、母材の板厚による色調のばらつきが大きい、また屋外施工後に降雨などにより白錆が発生するなどとなります。そのためお客様とのコミュニケーション不足によるクレーム事例が多々発生しており、弊社にもそのご相談が多く寄せられておりした。

そこで鋭意検討を進めた結果、粉体塗装によるりん酸処理風仕上げ『パウダースパングル』の量産化に成功し、実績を挙げております。『パウダースパングル』は従来の課題のすべてを以下の通り解決します。

①母材種を選びません。アルミ・SUSなどの非鉄金属にも施すことが可能で、軽量化が図れます。

②板厚による色調のばらつきは発生しません

③屋外での白錆発生はなく、粉体塗装ならではの高耐久性で長期間外観を維持できます

④高耐久性の粉体塗装を行いますので、塩害地でも安心して使用できます。従来のリン酸処理は塩害に非常に弱いことが弱点でした。

 

他にも多くの特徴を備える『パウダースパングル』。ぜひ以下のページで詳細をご確認ください。

リン酸処理風粉体塗装『パウダースパングル』