BLOG

2019/06/27
演説の日
  • 社長就任

今日6月27日は演説の日だそうです。演説というと高尚な感じがしますが、スピーチというととっつきやすいかもしれません。いずれにしても人々の前で一方的に何かを言葉で伝える行動ということになると思いますが、とても奥深いものだと思っています。私、前島は会社代表という役割を果たすために、社員や業界人の前でスピーチをすることがよくあります。一生懸命何かを伝えようとするのですが、熱く思いを語りさえすれば伝わるかというとそうでもなく、ロジカルに組み立てれば理解されるかというとそれだけでは難しい。一方通行のコミュニケーションだけど、聴衆の反応は良く見えるので、相手の反応が悪い場合は(たとえば寝てる人やあくびをしてる人がいる)、なかなか元気に話し続けるのは難しい。場数をこなせばいいのかというと、それだけではないような…。この1年間、話すことについて一生懸命勉強し、実践してきました。その中で特に大切だなと思うことがあります。それは、話し方や話す内容よりも、普段の生活や行動を正すことの方が重要。話の終わりに相手をどこに連れて行きたいかを意識することなど…。どうやらスピーチをする前に勝負がついているということのようです。実に奥深く面白いなあと思うのは私だけでしょうか?

以下のURLはスピーチではないのですが、私の代表挨拶が掲載されているページです。果たして皆様にしっかり伝えることができているでしょうか??

代表あいさつ