BLOG

2019/10/08
台風の備えに腐食対策

東海3県に属する粉体塗装専業、筒井工業株式会社です。当社では塩害地のような猛烈な腐食環境でも長期間耐えうる塗装仕様を確立しております。

 

さて、このところ大型の台風が日本列島を襲い続けております。先の千葉を中心に被害を与えた台風は、少し離れた横浜湾岸にも高潮の甚大な被害を与えていたのはあまり知られておりません。弊社もお付き合いさせていただいている塗装機メーカーさんの横浜本社が被災され、1階部分が高潮による海水の侵入で装置や機器が全滅してしまったと聞きました。復興に向けて大変な状況下と思われます。改めて、お見舞い申し上げます。

そしてまた新たに大型の台風が接近しております。我々塗装会社にそうした脅威に向けて何ができるかと思いを馳せてみると、やはり腐食に強い塗装をご提案し施工することかとの考えに至りました。台風の強烈な風に耐えうる構造設計は当社ではできませんが、その構造設計計算には腐食で鋼材の肉厚が減ってしまい強度が落ちていくことまでは計算されておりません。もちろん構造物供用後のメンテナンスが重要で、それによる延命は十分できるのですが、すべての構造物にそうした点検とメンテナンスがゆきとどくことは無理があろうかと思います。私たちのような工場塗装業は、新設の構造物を構築する時に鋼材に塗装を施す仕事ですが、その際に前処理をきっちりやって、しっかり粉体塗装で厚い膜を付けておくことで、大いに構造物の延命を図ることが出来るわけです。その効果は残念ながら数値で測ることはできませんが、当社の重要な使命として今後もそうした考え方を大切にしていきたいと考えています。

当社の塗膜耐久性に関する考え方について、詳細を知りたい方は、是非下記URLもご覧ください。

塗装について ~耐久性~