BLOG

2021/07/07
教わるだけのセミナーはもうやめませんか?(前島ブログ)

働きがい改革で働き方をかえる!働きがい改革コーチの前島です。

世の中でコミュニケーションセミナーはとても多くのものが用意されています。

しかし、そのスキルを学んだあとに、実践し続け自分のものにできる人はどのくらいいるのでしょうか?10人に一人?いや100人に一人でしょうか?

 

皆様が普段行っている専門の業務では、新人の頃に基礎を教え込まれ、先輩に指導してもらい、何年もかけて一人前に成長していったはずです。

ところが、コミュニケーションスキルは1~2回セミナー受けて、それだけでやれるようになれって…

コミュニケーションスキルってそんなに簡単ですか?

折角学んだということで、実践で試してみる方もいらっしゃいます。しかしながら、初心者が見よう見まねでやってみても、あまりしっくりこずに成果が出ないからすぐやめてしまう…。そして忙しさの中に忘れられていく…

セミナーの効果は持って1週間というのが真実ではないでしょうか?

そしてその結果、『社員に受講させても意味がない』と経営者が考え、無意識下で社員に対する不信感を抱き、教育の機会は消滅していきます…

 

私は思うのです。コミュニケーションスキルには基礎を学んだあとにしっかりと面倒見てくれるコーチが必要になると。

例えばスポーツにもコーチがいます。コーチからアドバイスを受けたアスリートは、いきなりそれが出来るようになるわけではないですよね。何度も何度も練習して、コーチからフィードバックをもらい、少し成果が出たら認めてもらい…当たり前のように体になじむまでそうした訓練を続けるわけです。

 

コミュニケーションスキルってそんなに簡単ですか?

私はそうは思いません。ですから当社は立ち上がりました。

コミュニケーションスキルを教え、それを当たり前のように実践できるまで手取り足取りコーチする事業。それにより、社員が自主的な考動ができるようになり、楽しみながらやりがいをもって成果を挙げることができる。

日々の仕事で忙殺されるマネジメントにとって、自分の判断でガンガン仕事を進めてくれる頼もしい社員が欲しいですよね。そのためには、採用強化?教育訓練?働き方改革?健康経営?

いえいえ、その前にやっておくことがあるはずです。

『風土を改革する』ことです。

風土を改革し、自主的な、前向きな雰囲気をつくる。それはコミュニケーションスキルの実践で、早ければ半年~1年程度で成し遂げることができます。

 

私たちは自分の会社でこの4年間やってきました。

会社は見違えるように変わりました。

その実績をもとに『風土の変容』のお手伝いをすることができます。

詳しくは以下へ!

T-CX ツツイ式カルチャートランスフォーメーション

まだチラシだけの情報ですが、これからどんどん情報を増やしていきます。

進化していくT-CXに、ご期待ください!