BLOG

2021/04/14
LABプロファイル🄬セミナー DAY3無事終了!

恥ずかしながら、5年前の弊社は以下のようになっていました。

残業多い、離職多い、横の連携が悪い、風通しが悪い、意見は否定される…

 

働き甲斐改革を推しすすめる筒井工業㈱は、この5年間で見違えるように変容を遂げました。上記に挙げたような課題を次々に解消していくことに成功したのです。そして現在は、その実績をもとにコンサルティング事業を立ち上げ、弊社もかつて悩んでいた人財活性化のお手伝いをさせていただいております。

当社コンサルティング事業部では、社員へのサポート力を高めるため、現場で起きがちなコミュニケーションの齟齬を解決する魔法のスキル『LABプロファイル🄬』を特急3日間コースとして提供しております。

このコースは通常ですと10日間くらいかけてじっくり学ぶボリュームとなっています。しかしながら、忙しいビジネスマンにそれだけの時間を確保していただくのは難しい相談です。そこで短期間で高い成果を挙げていただくために、たった3日にまで濃縮したプログラムを当社で開発しご提供しております。

昨日は、O社さまでセミナーDAY3(最終日)を開催させていただき、LABプロファイル🄬を使った『惹きつけるプレゼンテーション』や『コーチング的アプローチにより自主的な考動を引き出す』方法について学んでいただきました。

一緒にセミナーに参加させていただいた当社の主任にも、受講レポートをこのブログに掲載してもらう予定です。お楽しみに!

 

さて、LABプロファイル🄬についてもう少しご説明したいと思います。

上司と部下の間で起こりがちなことのなかに、『アドバイスや指示をしたら、相手の表情が曇った、ふてくされた、相手から抵抗や反論を受けた、その場ではわかりましたと言いながら行動に移さない』といったことがあります。本当によくありますよね?(笑)。

そんな時に、自分と相手との間でいったい何が起きているのでしょうか?

一言でいうと相手のやる気を削ぐ言葉を、こちらからかけてしまっている、という可能性があります。

LABプロファイル🄬は相手がやる気になる言葉、逆に受け入れがたい言葉を会話からのプロファイリング(分析)により理解することができます。

そしてそれは、単なる性格診断ではありません。

性格診断においては、その結果がその人のすべてではないことは想像がつくと思います。例えば前向きな人でも、困難に直面し窮地に追いやられると、ネガティブに物事を捉えることがありますよね。そんな時に、『いつものように前向きに行こう!』と声をかけても、素直には乗れないのです。

では、どうするか?

LABプロファイル🄬では、普段の会話から相手の言語・思考・考動パターンを知ることができ、そこにチューニングした言葉でやりとりをすることで、スムーズなコミュニケーションを実現することができます。しかも、会話をリアルタイムで分析していくので、その瞬間に相手がどのような思考パターンに入っているかを知ることができます。

効能として一番に挙げたいのは、これまで相手にイライラしていたことが、嘘のようになくなることです。なぜあの人はわかってくれないんだろう?と思っていたことが、なぜそうなるか理由がわかるワケです。

それだけでストレスから解放され、余裕が生まれ、適切なコミュニケーションを図るきっかけを掴むことができるようになるのですから、LABプロファイル🄬は魔法のようなスキルとも言われます。

もちろんそれだけではありません。

LABプロファイル🄬は既存のコーチングなどで複合して使われると、これまたスゴイパワーを発揮し、クライアントや社員、家族までを前向きに変容させることができます。

 

そんな言葉の魔法使いになるスキル、セミナー受講をしっかり検討して申込みしていただければと思います。

お問い合わせ、お申し込みは以下よりご連絡ください!

筒井工業㈱お問い合わせ