BLOG

2021/10/20
やらされ感…どうしたらいい? (働きがい改革ブログ)

働きがい改革のパイオニア、愛知の筒井工業株式会社です。

新しい取り組みに全社で取り組もうとした際に、

社員や部下から『やらされ感』を感じる…ということはありませんか?

『うちの社長がまた新しいこと始めたよ…今の仕事だけでもいっぱいいっぱいなのに、また増やすのか…』という社員の嘆きが耳に入り、ショックを受けたことのある方はおられますか?

 

逆に社長や管理職からは、

『社員に意見やアイデアを求めても大したものは出てこない』とか、

『相談するのは面倒、時間がない、ムダ』とか、

『いちいち意見を聴いていたら、収拾がつかない』といった嘆きが聞こえてきそうでもあります。

 

これは、上役と社員の間で『信頼関係』が無いことに起因していると思われます。今となっては確信しているのですが、『社員や部下の本気』はなかなかスゴイのです。ほとんどの人は、例えば自分が好きな事に真剣に向き合ったときに、結構すごいチカラを発揮したことを人生のどこかで経験しているのではないでしょうか?

そしてその本気のチカラについて、

『仕事では社員が本気を出すはずがない』という前提が心のどこかにあるのではないかと思うのです。恥ずかしながら、少なくとも過去の自分にはそう考えていたところがありました(今は真逆ですけどね)。

 

T-CXが提案しているのは、

『新しい事』を始める前に、社員の意見やアイデアを聴き、議論し、採用することです。そうすることで、取り組みの前から『自分事』として『新しい取り組み』を捉えるマインドをセットすることが出来ます。

そして、意見を求める時には、『傾聴力』『承認力』『質問力』が必要になります。

この傾聴力や承認力と言うのがなかなか曲者です。ちょっと本で読んだ、セミナーに参加したくらいで使えるようになる人は、まずいません。会社で試してみても、初めはぎこちないですから思うようにはうまくできず、2~3回試して『使えない』と烙印を押して、忘却の彼方に行ってしまいますよね?私も初めはそうでした(笑)

だからこそ、我々の新サービスT-CXがあります。

我々はクライアントにこうしたスキルが無意識に使いこなせるようになるまでコーチサポートします。

これまでこうしたサービスがなかったので、私たちは自ら苦労して4年がかりで身に付けました。皆さまはT-CXチームがガイドしますので半年もあれば十分です。一緒に、会社を気持ちよく働けるフィールドにする旅に出ませんか??とことんお供しますヨ!

興味を持たれましたら是非T-CXサイトをチェックしてみて下さいね!