BLOG

2021/04/06
ビジョン再構築プロジェクト DAY6!

リン酸処理仕上げは母材選定、色調のバラつき、白錆び発生、耐久性など様々な課題を抱えます。私たちは、リン酸処理仕上げを粉体塗装で表現し、多くの弱点を克服することに成功しました。粉体塗装のパイオニア、環境対応塗装で先を行く筒井工業のパウダースパングルを是非ご検討ください。

リン酸処理風粉体塗装 パウダースパングル

 

さて、

粉体塗装専業の筒井工業は、未来永劫継続する企業を標榜し、ビジョンを再構築するプロジェクトを進めております。

 

4/2(金)には第6回目のビジョン構築会議が開かれました。

会議はプロジェクトメンバー以外の社員も自由参加できるようになっています。今回は嬉しいことに延べ8人もの自由参加者があり、プロジェクトメンバーと併せて15名の参加がありました。気が付けば社員の3割が参画してくれています。ビジョン構築の最も大切なことは、構築後に全員でビジョンに向かって仕事をすることです。その理想的な世界に向かって着実に歩みを進めている感覚があります。

 

さて、今回の会議では以下を取り組みました。

①バリューワードの再検討

②未来年表を作成し、グルーピング

 

バリューワードを模造紙に張り出した前回までの段階では、整理がつくとはとても思えないアイデアの拡散ぶり(笑)でしたが、未来年表の作成、そしてグルーピングをしていく中で、徐々に会社の現在と未来の輪郭が見えてくるのは不思議な体験でした。そんなワクワクと『やればできるじゃん』という成功体験を積むことができた、そんなセッションになりました。

 

過去を知り、今を知り、未来を見ようとする体験、すなわち『経営者目線』で思考することは、一人で背負いこむその責任の重さにつらい思いをされる経営者様もおられるかもしれません。

 

でも社員のみんなを信じて、皆と共に一緒に歩むことさえ決断すれば、楽しく、団結し、ワクワクしながら成果を挙げていくことができることを、ビジョン構築の過程で学ぶことができています。

そしてその先に、『未来永劫継続させたくなる会社になる』ことが、夢ではなくて確信にかわっていく…

『あ、大丈夫だ、できる』という感じで。