塗装について ~剥離の防止~

筒井工業株式会社は塗装を科学します

このページでは、工業塗装において塗膜の剥離を防止するため、どのようにすればよいのか記述させていただきます。

image11

前処理の選定

前処理の選定は、当社が塗装仕様をご提案するにあたり最も気を使うところになります。塗膜が長期耐久性を持ちうるかどうかの分岐点はまさにここにあると考えているからです。

一般的な塗装会社で行うことができる前処理は大きく分けて『薬品による化学的処理』と『物理的処理』になります。『薬品による化学的処理』と『物理的処理』にもそれぞれに様々な処理方法があります。これらの方法は製品の母材種、母材表面状態、製品形状、製品が使用される環境、期待される耐久性によって使い分ける必要があります。そしてこの選定を誤ると、短期間での塗膜剥離などの事故が発生する可能性が高くなります。

 

一般的な塗装会社では1~2種類程度の前処理バリエーションを所有していることが多く、各社で出来る範囲の処理で『前処理』を行うことになります。『前処理』のことがよく解らない発注者様は、塗装業者から『これしかできない』と打診があればOKせざるを得ないのが実情ではないでしょうか?

img_2018.12.10_010

前処理の選定 Ⅱ

前のページでは、前処理は塗膜で隠すことができると申しました。つまるところ、手を抜こうと思えば抜けるところになります。実際は塗装業者のほとんどは悪意をもって手を抜くところはないと思います。しかしながら現実的には、手間のかかる前処理は『時間(納期)がない』、『人手が足らない』、『設備や技術がない』、『塗装費が安すぎる』などの理由でグレーな扱いをうけやすい事項になります。

当社では薬品による化成皮膜処理としてりん酸鉄処理、りん酸亜鉛皮膜処理、クロメート処理、3価クロメート処理、クロムフリー処理の設備を所有しております。またブラスト処理ではスチールブラストとサンドブラストの設備を所有しております。ブラストと化成処理を組み合わせて処理することもあります。

これほどの多彩な前処理設備を有するのは維持費もかかりますし国内でも非常に稀のことのようですが、様々なお客様のニーズにしっかりと応えていくために無くてはならないと考え、地道に増強して参りました。

是非とも多彩な前処理バリエーションを持つ筒井工業株式会社をご検討いただきたく存じます。

img_2018.12.10_011

前処理の管理

前処理は生き物と言われます。前処理には薬品や投射材が使用されますが、それらは使用されたのちに循環して再利用されることが大半なので、その状態は常に変動しています。また、支給された塗装母材の表面状態も常に均一とは限りません。ボタンを押せば自動的にいい『前処理』ができてくるような単純なものではないはずです。

前処理の均一性を維持管理するポイントはどこにあるのか?

前処理の合否はどのように判定するのか?判定基準の根拠はなにか?

こうした問いに応えるには、TQCを愚直に実践する力量が問われます。塗装会社は塗料を塗ることの前に、ケミカルな世界を追及する表面処理のプロフェッショナルであるべきというのが、当社の考え方です。

前処理の管理体制を問うことは非常に重要ですが、会社としての基本的な姿勢を確認することも塗装発注の際の要点ではないでしょうか。

img_2018.12.10_015

粉体塗装は性能がいいので前処理はテキトウでいい?

結論から申しますと、粉体塗装を行う際の『前処理』は溶剤形塗装よりも重要かつ注意が必要です。

一般的に粉体塗装は1回の塗装で厚膜を得られることから、1回塗りで工程を完了させます。屋外製品の場合はポリエステル樹脂粉体塗料が多用されますが、1コートであるがゆえに母材への付着性と、屋外の太陽光への耐久性を同時に担う必要があります。しかしながら、現在の樹脂技術では付着性と耐候性は相反する樹脂特性を必要とします。つまり付着性が非常にいい塗料(たとえばエポキシ樹脂)は耐候性が極めて悪い傾向にあります。反対にポリエステル樹脂は耐候性に優れますが、付着性はエポキシに及びません。

溶剤形塗装の場合は膜厚確保のために2~3回の塗装を必要としますが、1回目の塗装は付着性に優れるエポキシを、2回目以降を耐候性に優れるウレタンやアクリルを使用することで、付着性と耐候性の役割分担を行います。(だからといって前処理をいい加減にすると剥離する可能性は高いですが…)

1コートで仕上げたい粉体塗装は、前処理が付着性を左右する重要な工程になります。結果として前処理の品質は、粉体塗装でこそ重要になります。

img_2018.12.10_014

もう一つの肝 ~焼付けの管理~

高温で塗料を焼き付ける(熱硬化)タイプには、溶剤形アクリル、溶剤形フッ素、粉体塗装などがあります。いずれも樹脂と硬化剤が塗料中に配合されており、母材の表面温度が所定温度以上になると硬化反応が始まるような仕組みになっています。そして所定温度が所定時間キープされて初めて硬化反応が完了した状態になります。

この硬化反応が不十分の場合、塗膜は短期間のうちに著しい剥離を起こします。硬化不十分(通称アンダーベーク)の場合は塗膜が脆く、有機溶剤に溶解する傾向にありますので、不具合発生時の検証は比較的容易です。

こうした不具合の流出を未然に防ぐには、以下の方法を複合的に実施することが有効です

①炉内温度の均質化(風量や風向の管理)

②母材の炉内温度測定による昇温状況の確認(特に厚板に注意)

③塗装焼付け後の硬化判定検査(溶剤ラビングや鉛筆高度)

 

粉体塗装に限らず、工場での焼き付け塗装では『前処理』と『焼付け』が、【剥がれない塗装】の肝となります。

CONCEPTコンセプト

愛知の塗装会社・筒井工業株式会社は技術力が高いです

img_2018.12.10_015

愛知の良質な塗装を行う会社として親しまれております

愛知県半田市の塗装会社・筒井工業株式会社は、確かな技術を持った表面処理のプロフェッショナルが在籍しておりますので、安心してご依頼ください。お客様のご要望に合わせて、最適な塗装仕様をご提案させていただくとともに、豊富な経験を持つスタッフが一つひとつの工程を丁寧に進めますので、納得した上で依頼をお任せいただけます。 愛知にある質の良い塗装を行う会社を目指し、万が一、塗装後にトラブルが発生した際にも迅速に対応いたしますので、安心してお任せいただけます。お困りの事がありましたら筒井工業株式会社へ遠慮なくご連絡ください。

BLOGブログ

愛知にある塗装会社はブログに情報を掲載しております

塗装会社なら愛知にある筒井工業株式会社がお力になります