SERVICE事業内容

特殊塗装

『パウダースパングル』 ~リン酸処理風粉体塗装~

1. リン酸処理とパウダースパングルの特徴比較表

ドブめっき処理

【従来】リン酸処理

【新規】リン酸処理風粉体塗装

①ドブめっき処理必須
⇒ スチール以外の母材は不可

①金属素材はすべて対応可
鉄・アルミ・亜鉛めっき鋼材、SUS

②薄板は変形・歪みの問題発生
400℃めっき浴浸漬処理

②板厚みは薄板 ~ 厚板t65㎜対応可能
歪みは最小限(200℃加熱)

模様発現

【従来】リン酸処理

【新規】リン酸処理風粉体塗装

③厚板t6mm以上はスパングル模様なく、より黒っぽい色調に仕上がる傾向

③母材の板厚や形状に関係無く、統一感のある模様を形成する事が出来る

④薄板であっても模様や色調にバラツキが大きく、パネル取替え頻度など歩留まりが悪い

④模様や色調のバラツキは小さく、歩留まりが良い

【従来】リン酸処理

【新規】リン酸処理風粉体塗装

⑤輸送・施工で傷が発生し易い

⑤強靭な塗膜により輸送・施工で傷が発生し難い

⑥経年でタッチアップ部が目立つので補修は最少限にするのが望ましい

⑥経年でタッチアップ部が若干目立つので補修は最少限にするのが望ましい

経年劣化

【従来】リン酸処理

【新規】リン酸処理風粉体塗装

⑦現場保管中や屋外設置後初期に白錆発生リスク高い

⑦塗装品であり、初期の白錆発生は無い

⑧亜鉛の腐食によりシールの付着切れが発生するリスクがある

⑧付着切れのリスクは少ない(塗膜とシールとの事前検証は必要)

⑨塩害などの腐食環境で 白錆 ⇒ 赤錆リスク

⑨適切な素地調整との組合せで塩害にも強い

⑩長期暴露でめっき消耗し赤変色リスク(合金層の露出・鉄素地の露出)

⑩長期暴露で若干の色褪せあるも著しい劣化は無し。塗料種を選択する事で屋外耐久性グレード選択可能。(ふっ素ハイブリッド・ポリエステル粉体塗装)

特殊塗装

張紙防止塗装

張紙防止塗装

景観を損ねる貼紙から、構造物を守るため、貼紙が付着しない特殊コーティングを粉体塗装の上に施すことができます。コーティング後の塗膜はセロテープやガムテープなどを、容易に剥離する事ができます。

塗装仕様

塗装仕様:前処理→ポリエステル樹脂粉体塗装→マスキング→貼紙防止塗装

大理石粉体塗装

大理石粉体塗装

■大理石調粉体塗装開発のコンセプト

  • 重厚感のある新規模様粉体塗装を独自の工程と技法で実現
  • より美しく、景観になじむ配色の模索
  • 塗面に重厚感を持たせるための塗装方法及び塗料の改善
     

■塗膜性能試験

試験項目 試験方法 試験条件 性能
密着性
(碁盤目試験)

JIS K5400 3.5

1mm角 100個

100/100

耐衝撃性

JIS K54008.5.2

デュポン式

50㎝500g

硬度

JIS K54008.4.2

三菱鉛筆ユニ(手かき法)

耐アルカリ性

JIS K5400 8.21

5% NaOH 20℃ 120時間

良好

耐酸

JIS K5400 8.22

5% H2SO4 20℃ 120時間

良好

耐汚染性

JIS K5400 8.10

黒マジックインキ 36時間

若干あと残る

耐塩水噴霧

JIS K5400 9.1

5%NaCl 35℃ 500時間

3mm以内
クロスカット片側剥離幅

耐沸水性

JIS K5400 8.20

沸騰水中 2時間

良好

促進耐候試験

JIS K5400 9.8.1

サンシャイン ウエザオメーター

200H 95%
400H 75%
600H 50%



■塗装仕様

(1)素地前処理 (脱脂・化成被膜)
(2)下塗り 静電粉体塗装 (塗料:ポリエステル系粉体塗料)
(3)180℃ 10分間 焼付け
(4)上塗り 静電粉体塗装 (塗料:ポリエステル系粉体塗料)
(5)180℃ 20分間 焼付け

 

光触媒粉体塗装

光触媒粉体塗装

非常に活性の強い光触媒(アナターゼ型酸化チタン)を粉体塗料化し、コーティングします。活性の強い光触媒により、屋外で塗膜は数週間で分解を始めます。常に新鮮な光触媒活性面が露出し、重汚染地域でも効果を発揮します。粉体塗装は厚膜コーティングをする事ができるので、塗膜が分解しても、長期の耐久性を有します。

塗装仕様

塗装仕様:前処理→光触媒粉体塗装→焼付
主な効果:セルフクリーニング、NOx・SOxの分解
特許:特開2009-119341

畜光性粉体塗装

災害発生における停電の際に、それまで蓄えていた光を放ち、避難者を誘導します。粉体塗装の厚膜をもって長時間の光放射を実現しました。