Q&Aよくある質問

愛知の塗装会社のよくある質問ページをご覧ください

愛知の塗装会社・筒井工業株式会社に関する疑問を解決します

愛知にある塗装会社・筒井工業株式会社では、お客様のニーズに合わせた施工を行っており、ご利用されたお客様からはご好評いただいておりますので、遠慮なくお電話ください。 愛知にある塗装会社・筒井工業株式会社では、お客様から寄せられる質問をよくある質問ページにて公開することにより、ご利用いただく前に疑問点を解消できます。よくある質問ページをご覧いただいてもご不明な点がある場合は、気軽にお問い合わせください。

お仕事の依頼に関するよくある質問

旧塗膜を除去しての再塗装(リユース)に対応していますか?

サンドブラストによる旧塗膜除去の後、粉体塗装を施した実績があります。

但し、旧塗膜の種類や製品形状によっては対応が困難な場合もございます。

条件と併せてお問い合わせいだけましたら、対応の可否についてお答えすることができます。

支給塗料でも塗装できますか?

塗料の種類にもよりますが、基本的に対応可能です。

 

但し長油性フタル酸は乾燥硬化に一定の期間を要しますので、ロットや形状等で制約があります。

お問い合わせの際に条件をご提示いただけましたら、対応の可否についてお答えすることができます。

ロットが大きい場合(又はリピート品)の対応は可能ですか?

対応可能です。

塗装ラインを10ライン所有しておりますので、柔軟な対応が可能です。

事前に情報を頂ければ生産計画に反映させ、安定的に生産することができますので、お問い合わせください。

前処理のみ(塗装用下地処理またはリン酸亜鉛皮膜処理のみ)でも依頼できますか?

鉄材、亜鉛めっき材共に対応可能です。

但し、前処理後の素材は、塗装までの期間や湿気・結露等に配慮が必要となります。

詳細についてはお問い合わせください。

粉体塗装しかできないのか?

溶剤塗装も可能です。

これまでにもアクリル焼付け、フッ素焼付け、常温乾燥ポリウレタンなど数多くの実績がございます。
弊社の溶剤塗装では、下塗りに粉体塗装を採用します。そのため厚膜かつ高性能な塗膜を得ることができ、製品の長寿命化に
貢献することができます。

技術サポートはどこまでやれますか?

社内で検証設備を有しており、膨大なデータを所有しております。

お客様が塗装で成し遂げたい目的を達成するための母材・前処理・塗料選定、さらにその裏付けとなる資料のご提供が可能です。
弊社でデータを持ち合わせていないケースの場合は、お客様と協力しながら試作・検証・まとめをさせていただきます。
弊社は「塗るだけ」の会社ではありません。お客様へ塗装コンサルティング的な役割を果たすことができるのは
弊社の大きな特徴の一つです。安心してお任せください。

塗装できる最大のサイズや重量は?

サイズ 2.4m×2.4m×13.0m (20tトレーラーに積載できる最大サイズまで対応)

重量 3.0tまで粉体塗装可能です。

1品から対応できますか?

1品のみの塗装もお請けできます。ご相談ください。

粉体塗装は性能が良いと聞きますが、本当ですか?

粉体塗装は1回塗りで60μmの厚膜が容易に得られるため、特に狭小部や溶接個所、エッジの防錆性能に優れると言われております。

しかしながら、塗装の前に実施する『前処理』のレベルによって、その性能には大きく差が出ます。

粉体塗装の性能を最大限に発揮するには、適切な前処理選定とその管理が不可欠になります。

個人からの依頼は受け付けていますか?

申し訳ございません。法人からの依頼のみとなります。

車のボデーの塗装はやっていますか?

車のボデーの塗装はやっておりません。

車のシャーシのみとなりますが、ボデーショップ様からご依頼をいただいてブラスト+粉体塗装を施した実績がございます。

採用に関するよくある質問

夜勤はありますか?

ありません。日勤のみです。

2交代もありません。

入社に際し資格は必要ですか?

入社時の資格は不問です。塗装に関しては、ほぼすべての方が初心者で入社しますが、
数か月~数年後には一人前に作業ができるまでに成長されます。
また、入社後に必要に応じてフォークリフト講習を会社出費で受講していただけます。

新卒採用試験はどのような内容ですか?

面接、作文、簡単な知能テスト、適性検査などとなります。

寮はありますか?

寮などの用意はございません。

(過去には提携アパートを会社補助つきでご利用いただけておりましたが、アパートの老朽化により取り壊しとなりました。

現在は、寮やそれに準ずるアパートの用意がございません。各々でアパートなどを借りていただくことになります。)

TPCエポキシ鉄筋(エポキシ樹脂塗装鉄筋)に関するよくある質問

エポキシ樹脂塗装鉄筋の塗装の上から溶接は出来ますか?

エポキシ樹脂塗膜は絶縁体となっておりますので、そのまま溶接する事は出来ません。

ガスバーナー等で塗膜を燃やす、又はグラインダー等で塗膜を剥がした上で溶接する事は可能となります。溶接後は専用補修塗料を使用し、タッチアップをお願い致します。

エポキシ樹脂塗膜はどうやって剥がせばいいですか?

薬品を使用して塗膜を剥がす為には、人体に有害な薬品を使用する必要があります。その際には作業中のケガや事故のリスク、使用後の廃棄物処理などに配慮が必要となるため、工事現場等で行うのは困難であると考えております。

提案として、ガスバーナー(アセチレン/酸素)等で塗膜を燃やす方法をお勧めしております。燃えた塗膜は灰となり、ワイヤーブラシなどで簡単に除去する事が可能となります。なお、塗膜を燃やしす際に黒い煙が発生します。煙にはダイオキシンなどは含みませんが、作業の際には屋外などの換気の良い場所を確保し、作業者には呼吸保護具を着用いただきますようお願いいたします。

 

現場での塗膜除去作業を排除するため、当社でエポキシ樹脂塗装加工する際に無塗装部を形成する『マスキング加工』も可能となります。お問い合わせ下さい。

補修塗料を塗布してエポキシ樹脂塗装鉄筋になりますか?

無処理の鉄筋へ、補修塗料を塗布したものはエポキシ樹脂鉄筋になりません。

施工現場などで、無処理の鉄筋(スケールが付着している鉄筋または著しい錆が発生した鉄筋)にエポキシ樹脂塗装鉄筋用補修塗料を塗りつけて使用した場合には、防錆性能はほとんど期待できず、比較的短期間での鉄筋発錆によるコンクリート構造物への甚大な損傷につながる恐れがあります。補修用塗料は、こうした用途でご使用にならない様、お願いいたします。

なお、『エポキシ樹脂塗装鉄筋』として認められるためには、素地調整としてブラスト処理を施し、塗料はエポキシ樹脂粉体塗料を使用し、塗装膜厚を220±40μmに管理することが土木学会基準(エポキシ樹脂塗装鉄筋の品質規格JSCE-E 102)に定められております。

 

補修用塗料はあくまでタッチアップ用となりますので、鉄筋切断面やガス圧接箇所、曲げ加工による損傷など、エポキシ樹脂鉄筋の塗膜が損傷した場合にご使用ください。

エポキシ樹脂塗装鉄筋用補修塗料の容量は?

『主剤0.85㎏』+『硬化剤0.15㎏』の1㎏セットの2液常温乾燥タイプとなっております。

弊社にて常時在庫を用意しており、1セットからの出荷が可能です。

(20㎏セットの一斗缶も受注生産にて御用意出来ます。お問い合わせ下さい。)

 

補修塗料1㎏でどのぐらい塗布できますか?

刷毛塗りたっぷり2回塗りで1.4㎡/1㎏ほど塗布する事が可能となっております。

愛知で技術力の高い塗装業者をお探しでしたら、55年以上の長い歴史とお客様からの厚い信頼のある筒井工業株式会社まで、気兼ねなくお問い合わせください。

筒井工業株式会社では、現在様々な分野から注目されている粉体塗料による塗装を行っており、回収・再利用可能な小麦粉のような粉末状の塗装は、環境に優しい方法としておすすめしております。愛知にある塗装会社・筒井工業株式会社では、前処理に関しても様々なものに対応しており、サンドブラスト処理やリン酸塩処理等、素材や用途に対応した適切な前処理をご提案いたします。また、ご利用される前に不明点や疑問を解消できるよう、お客様からいただく質問とその回答をよくある質問ページにて掲載しております。長い間業界に携わってきた経験と厚い信頼のある筒井工業株式会社を、ぜひ一度ご利用ください。